西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

996号 話しはきくものか

2014年10月03日(金)

 人の話しは聞くもの、という大事な戒めの言葉が世の中にある。これを守らないとあとで困ることが多い。人は聞く方と話す方のどちらにも立場としてなる。話すときは聞いてもらっていないと感じ、聞くときは話しがよくわからないと感じ、互いに不信の気持になることが多い。
 今日はエンゼルランドに偶然立ち寄った。小さい子供連れの家族が遊具を楽しんだり、水辺で遊んだり、物を作ったり、お弁当を食べたりと、さまざまな姿でこの施設を利用している様子を見た。まさに「エンゼルランド」であり、日頃抱いている「児童科学館」という名前からくるイメージを変えなければならないことになった。直接に現場を見ることは、話すことや聞くことの余計なストレスを省く最短の手段ではないかと思う。

(2014.9.28 Sun. 記)