西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

953号 とうべんとべんとう

2014年06月27日(金)

 きょうは6月議会の代表質問の日である。朝の勉強会が早目にはじまる。急いでいて、ご飯、麩の味噌汁、胡瓜の生姜浅漬けを食べたのだが、なぜか玉子焼を食べそこねてしまった。玉子焼には砂糖がやや入っているので、家人はそれを食さない。そこで昼のおかずに持って行くことになった。
 封筒に入った質問の答弁(とうべん)を手にして急いで食卓を離れようとするとき、弁当用に様変りした玉子焼のケースを忘れそうになった。
 弁当を忘れても傘を忘れるな、の空模様では今日はないのだが、答弁を忘れても弁当を忘れるなになってしまった。
 そして昼には通常のメニューではなく、この玉子焼との組合せを考え、キツネうどんを注文したのだが、偶然にしてはなかなかの味の組合せとなり、色合いもわるくないと感じた。

(2014.6.20/金)