西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

933号 北陸産業の競争環境について

2014年03月30日(日)

 太平洋は災害リスクが高い、いざという時に日本を「すくう」のは北陸である(遠藤富大学長)。安全な日本海側に、LNGやデーターセンター、仕事の生きがいだけで報酬とわぬ60歳以上の高齢者を採用せよ需要多し、の意見もあり。
 繊維産業の自立化度が、ここ数年のアンケートでは7割から8割に上昇、国際見本市では展示より、商談に強力にエネルギーを(中韓のやり方のように)、またこれへ国の支援強化の声。
 経産省の事務局側からは、北陸ブロックは全国に比べ、5年ほど高齢化が先に進んでおり、この分野の解決先進地となるべき、また生活水準の最も高い地域としてのモデル地域にもなるべしと。
 全国に比べ伝統産業、和食、老舗産業の比率の高いのが北陸ブロックである。また農業との強い結びつけも可能な地域だ。

(2014.3.26 第2回「北陸競争力協議会」から。カナルパークH富山で)