西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

747号 奇妙なところから

2012年12月01日(土)

 奇妙なところから声がきこえる。
 期待する声は、予定した方面からいつも聞こえて来るわけではない。
 しかるべき人たちから声が出るとは限らない。
 古代より神の声を伝える人たちは奇妙な人たちであった。
 巫女が神託を軍師が軍略を、いつもしかるべく語ってくれるわけではない。
 耳をかたむけよう、うるさがらずに。冗談をとばすな、けちをつけないように。
 奇妙なところからかすかに聞え来ることがあるのだ。
 奇妙な人たちが語る話しに、静かに落ち着いて耳を傾けよう。

(秋の山と同じ日)