西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

734号 道草の時間

2012年09月18日(火)

 目的地に到着するときに余裕がありすぎると思って、安易に予定の道を外れた行程を作ったりして道草をくってはいけない。それは遅刻のもとである。道草は他の場所へ行くことであり、そこへ行く時間、そこで何かをする時間、又そこから元の道に戻る時間、これら三つの時間の合計と突発的なことの追加からなるので、先がわずかな距離と思っていても、相当の時間を要することを知るべきである。そして全体の雰囲気が落ち着かなくなるのでどの目的も十分達しないことにつながる。

(2012.9.6 記)