西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

731号 周りのこと

2012年09月05日(水)

 日本人が周りの人達の感情や態度のことを過度に気にする性癖は、民族的歴史的な背景をもっているのかと思われる。問題の大小をとわず、わが道をみずから行くということが少ないのが日本人である。
 今回ブラジルとアメリカに出張したが、飛行機では三人の外国人とかなり長時間にわたって隣席になった。
 彼らは周りに他人無きがごとし、さりとてエチケットに反する訳ではない。隣りの都合や様子は、知らぬふりをして気にかけている。要すれば、彼らなりにセカセカもし抜かりもないのだが、あまり神経過敏ではなく、注意深くあってもゆったりして見えるのである。

(2012.8月下旬 記)