西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

1334号 あるある―有と在

2018年08月16日(木)

(1)「有」の次には、(人)や(物)がくる。

  () (yǒu) (míng) (pìan)    主語(人)+有     私は名刺をもっている。

  () (yǒu) () ()       〃          私には弟がいる。

  () (li) (yǒu) (kòng) 調(tiáo)  主語(場所)+有   屋根にはエアコンがある。

(2)「在」の次には、(場所)がくる。本来場所でない名詞には(里)・(上)などの方位詞をつける。 

  () (zài) (jiā)             彼は家にいます。

  (Yǎn) (jing) (zài) (bāo) (li)        眼鏡はカバンの外にある。

  () (jiā) (zài) () (jǐng) (xiàn)      私の家は福井にあります。

 

 中国語の語順の規則は、日本人の感覚からみて「単純かつ複雑」なところがあり、「無いようで有る」というのが実際である。
 なお、有と在に限っては、憶え方はさいわい日本語の漢字に同じである。つまり日本の漢字は漢語の原則通りに出来ている。すなわち

 有の次には人や物がくる。 (例)有人、有料、有言
 在の次には場所がくる。  (例)在宅、在校

                                             (2018.6 記)