西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

1300号 郷夢問答

2018年03月25日(日)

都の耗子 首都と田舎がいがみ合って吵嘴すること無く、相互に協力し帮取し合わねばならぬ。
 都をうらやみ羨慕して、富々を剥奪せんとすることは考え違いの想錯だ。

田舎の老鼠 しかし、辺鄙のことを軽賎忘却し、都が全てとばかり行動するなら、都鄙併存が不可能となる。
 田園に移居させ点々分散する戦略を展開する前に、城市人口の不断流入をばまず停止し、集中せぬよう首先解決すべきだ。

耗子 その昔大いに天地震撼し、天上の竜も地の獣も死滅し、人間と齧歯族だけがわずかに生き伸びたという話をきく。我輩の世となり、神代までの追遡はできぬが、都の増長は禍禍の前兆なりという教訓が伝わる。かかる艱難辛苦には遭遇したくもない。

老鼠 辺境の者たちにも注意警告したいことある。諸位不平を鳴らし、都に関心调集して郷地回顧せずんば、都鄙の差距は拡大するばかりとなろう。

(2015.11.22 記)