西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

1170号 漢字をめぐる音の風景

2016年07月08日(金)

 同じ1つの漢字の発音が、日本語と中国語でたまに同じものもあるが、ほとんどが違うのはどうしてか。
 漢字の訓読みの方は日本語独自の読みと発音であるから、中国語音と全く違うのは当然にしても、音読みの方は当時の中国語の発音をそのまま聞き取って、これを用いたはずと想像されるのだが、今の中国語とかなり違っている結果の理由は何なのかという疑問である。
 一応想像しただけでも、理由としては次のようなことを挙げることができるであろう。
(1)はじめにおいて中国語の音を聞きそこねて、最初に正確に再現できなかった(渡来の中国人から矯正されたとしても)、あるいは、厳密ではなくおおむねのレベルで日本語の発音に変換した(外国語に対してはたえず起りうる事実である)。
(2)ほとんど正しく伝達したものも、場所による地域差(方言)があったので、今の中国語と差ができた(今の上海語では北方系のイー、アル、サン、スーではなく、日本語のイチ、ニ、サン、シーの音に近い)。
(3)年代が経過したために、同じ漢字に対する中国語音の発音に変遷が生じた(時代的に呉音、漢音、唐音など)ために、違いが時間的に発生した。また、日本語音も時代とともに独立して変った。
 しかし、このように想像したとしても、最後的には二つの言語の音声間の互いの変化の様子は、中国語の文字である漢字は表意文字であり、アルファベットのように表音性を有しないので、直接には音の究明ができかねる。英語や日本語ならまだ出来る。
 以下、日本語の或る音が、中国語(漢字)で現在どのようにバラエティをもって表記されているか、代表的な日本語音を選んで調べてみる。中国語学習において、日本の漢字の音とどう違うか知っていると何かと便利だからと思うからである。
 とくに日本語で漢字の音が「ン」(撥音)で終るものは、必ずといってよいほど中国語でも語尾の音(韻尾)だけ・・は「ン」(n)であると見られるから、そこから初める。

  なお、以下の表示は日本語音にもとづいてグループ分けした上で、中国語音のグループに分けている(すべての漢字を網羅していない)。
  ○ 日本語と中国語の音がほぼ同じもの
  × 違うもの(中国語としてのピンインを付した)
   なお、希にしか使用しない漢字、難字は省略し、発音が特異な種類のものも省略した。
   また漢字に付した記号はいわゆる四声である。

アン(中国語でもほとんど同じようにアンと発音する)
○   アン(an) 安()()()()()()()(陰気、気落ちの意。)

イン
○   イン(yin) 尹()()()()()()(飲)、()()()(慇)
×   ユェン(yuan) ()()
×   イェン(yan) 湮()()()

ウン
○   同音なし
×   ユョン(ün) ()(雲)、()(運)、()()()

エン
○   同音なし
×   イェン(yan) ()()沿()()()(煙)、()()(艶)、()()()()
×   ユェン(üan) 园()(園)、()(遠)、()(猿)、()()()、 ()(円)、()(淵)、()(おん))、()()
×   ワン(wan) ()()
×   チュエン(無気音juan) ()
×  チェン(有気音qian) ()

オン(このグループに属する漢字は少ない)
○   同音なし
×   イン(yin) 音()()(隠)
×  エン(en) ()
×   ウェン(wen) 温()()
×   ユェン(üan) ()

カン(このグループに属する漢字は数が多すぎる)
○   カン(無気音gan) ()(乾、幹)、()()(稈)、()竿()()()()()
○   カン(有気音kan) 刊()()()()()()
×   ハン(han) ()(漢)、()()()()()()()()()()(韓)、()()()
×   ファン(huan) 欢()(歓)、()(還)(一般にはhai)、()(環)、()()()()()()()()
×   クァン(無気音guan) ()(関)、()(観)、()()()()()()()
×   チェン(jian) 奸()()(間)、()(艱)、()(監)、()(艦)、()()(簡)、()(鑑)
×   チュアン(無気音juan) ()
×   チュアン(有気音quan) 劝()(勧)
×   シェン(xian) 咸()()

キン
○   同音なし
×   チン(無気音jin) ()()()()(僅)、()()()()()()()()()()
×   チン(有気音qin) 芹()()()()()
×   チュン(無気音jun) ()()()

ケン(このグループに属する漢字は多い)
○   同音なし
×   チェン(無気音jian) 见()()()()()()()(倹)、()(繭)、()(剣)、()()()(検)、()()(鹸)、()(瞼)、()()()
×   チェン(有気音qian) ()()
×   チュエン(無気音juan) ()()()()
×   チュエン(有気音quan) 犬()()(権)、()()()()
×   シェン(xian) 县()(県)、()(賢)、()(険)、()(顕)、()(憲)、()()
×   イェン(yan) ()()()(験)

コン
○   同音なし
×   ケン(無気音gen) ()()()
×   クェン(有気音kun) 困()()()()
×   フェン(hen) 很()()()()
×   フェン(hun) 昏()()()()()
×   チン(jin) 今()()
×   カン(無気音gan) 绀()
×  ケン(有気音ken) 恳()(墾)

サン
○   サン(san) ()()()
×   ツァン(有気音can) ()()()()()
×   ツァン(無気音zan)()(賛)
×   シャン(shan) 山()()()
×   スァン(suan) 酸()()
×   チャン(有気音chan) ()(産)
×  シェン(xian)()

シン(このグループに属する漢字は多い)
○  
シン(xin) 心()()()()()()
×  
シェン(shen) ()()()()()()(審)、()()()()()
×  
ツェン(無気音zhen) ()()()()()()()()()
×  
チェン(有気音chen) 臣()()()()()
×  
チン(qin) 沁()()()(親)、()()

スン(一語のみ)
×   ツェン(cun) ()

セン(このグループに属する漢字は多く、中国語音も多くの種類に分かれる)
○   同音なし
×   チュアン(有気音chuan) ()()穿()
×   チァアン(無気音zhuan) ()(専)、()
×   チェン(有気音qian) 千()()(遷)、()(繊)、()(銭)、()(籤)、()
×   チェン(無気音jian) 戋()(戔)、()(箋)、()()(殲)、()()()()()()()
×   シャン(shan) 闪()()()()()()
×   シィエン(xian) 仙()()线()(線)、()()()()
×   チュエン(quan) 泉()()/ツァン(無気音zhan)()()(戦)/チャン(有気音chan)()(蟬)
×   シュエン(xuan) 选()(選)、()()
×   シ(xi) 洗()()

     (n「ン」系統は以上)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 以下に規則性があるのは、日本語音の―ウと中国語音の―ngとの結びつきである。そのためにオコソトノ系から「オウ」と「コウ」を例として見ると、最初の子音のところでのバラエティはあるものの、中国語音では―ngで終る漢字(下線のもの)が著しく多い。

オウ
○   オウ(ou) ()()()
×   アオ(ao) 凹()()()(襖)、()
×   ワン(wang) ()()()()など
×   イアン(yang 央()()()()()など
×   イン(ying 应()(應)、()(鶯)、()など
×   ファン(huang) ()()()など
×   ユ(yu) 妪()(嫗)
×   ヤ(ya) 押()()
×   アン(ang) ()など
×   ウぁン(weng) ()など
×   フぁン(heng 横()など

コウ(グループに属する漢字は著しく多い)
○   コウ(無気音gou) ()()(溝)、()(構)、()(購)、()()()()
○   コウ(有気音kou) 口()()()()()
×   カオ(無気音gao) 高()()()()稿()()()
×   カオ(有気音kao) 尻()()
×   カン(無気音gang 冈()(岡)、()()()()()など
×   カン(有気音kang 抗()()()()など
×   コン(無気音gong 工()()()()()()など
×   コン(有気音kong 孔()()など
×   カあン(geng 更()()()()()()など
×   ファン(hang 亢()()()()()など
×   フォン(hong 弘()()()()()()()()など
×   フぁン(heng 恒()()()など
×   クアン(無気音guang) ()(廣)、()など
×   チアン(jiang 江()()(講)、()など
×   フアン(huang 盲()()()()()()()()()()()()()など
×   クエン(ken) 肯()
×   クあン(keng 坑()など
×   ハオ(hao) 好()()()()()
×   ホウ(hou) 后()()()()()()()
×   フオ(huo) 耠()
×   コウ(gou) 篝()
×   チャオ(無気音jiao) ()()()()()()(膠)、()()()()()
×   チャオ(有気音qiao) 巧()()
×   チアン(qiang 腔()など
×   シン(xing 幸()()など
×   シアン(xiang) ()()()など
×   シア(xia) 狎()
×   シアオ(xiao) ()()()(効)、()
×   アン(ang 昂()など
×   チヤ(jia) 岬()()
×   チア(qia) ()()
×   イアオ(yao) ()()
×   ク(ge) 格()()()
×   フ(he) 盒()

 以下は参考である。
 永平寺内で現在も使われている言葉について教えられたものに直歳しっすい首座しゅそ知客しかというような、雲水諸兄の役職を表わす言葉がある。読み方はいずれも我々が知る漢字の音(ちょくさい、しゅざ、ちきゃく)とは大きく異なっていることがわかる。これを現代中国語ではどう発音するのか辞書で調べるとこうなる。
 直歳(zhísuìチースェイ)、首座(shǒuzuòショウツオ)、知客(zhīkèチーク)。つまり永平寺に伝わった漢字の音と現代中国語音はほとんど同じであることを知る。つまりこれらは13世紀に禅宗が鎌倉時代に伝わって来た際の宋音(南宋)ではないかと思われる。中国での漢字は日常的に日々使われるので音も時間的、場所的に変遷が著しいと推測できるが、専ら文字として特定の人たちに比較的限定して伝わって使われた日本の漢字の音は、あまり変化がなかった(当時の漢字の音のまま)と思うべきなのだろう。

(2016.6.19 記)