西川一誠後援会サイト

イッセイエッセイ詳細

イッセイエッセイ

1101号 中国人の政治論文(官僚問題)

2016年01月14日(木)

 「『八家文』などが古臭く感じられるというのは本当は不思議な現象である。『八家文』の中でも王安石などは、考え方がすぐれて理論的で、文章も明快であるし、われわれは商売柄かも知れぬが、いつ読んでも溌剌とした清新な印象を受けるのである。ただ実年代で一千年近い時間的な差違は、蔽うことのできぬ事実である。さりながら、それが例えばギリシアやローマの古典ならば、時代の懸隔、場所の距離にも拘わらず、これを陳腐に感ずることは少ないであろう。いったいこれは何に起因するのであろうか。
 われわれは西洋の事物に接する時には、先ずその現代を学び、現代から次第に古代に遡る方法をとった。そこでたとえば数千年前の古典を学ぶにしても、常に現在との関連において、現実的な意味を探究しながら従事したのである。従ってそこには常に新鮮な問題意識があった。これに対し、日本におけるいわゆる漢文は現在との関係が全然考慮の外におかれ、単に教養のための教養として強制された。面白いことにはギリシアやラテンは、日本においては西洋文化の源泉として新鮮に感ぜられるに反し、現代の西欧においては、これを自国文化の祖先としてよりも、寧ろ外国文化と意識して受け取られる方が一般的であるらしい。従ってイギリスやフランスの学生には、ギリシア古典などは現代から断絶した文学として、陳腐な過去の遺物として、あまり歓迎されぬようである。」(「中国政治論集」―王安石から毛沢東まで―1971年 「宮崎市定全集」別巻 政治論集(岩波書店2000年)263頁から)
 以上のように書かれている「中国政治論集」(1971年)が、中公文庫版になった際に行った著者の追記には、
 「この書は著者の持論たる、歴史はすべからく現代を起点として考察すべきものとの趣旨を具現すべく、当時の中国が体験中であった文化大革命の文献を以って巻首に置いた」
 と書かれている。そして、林彪、毛沢東、陳独秀、呉虞、康有為、梁啓超、曽国藩(清)、李秀成(大平天国)、雍正帝(清)、李衞(清)、曹時聘(明)、馬懋才(明)、胡祗遹(元)、司馬光(北宋)、王安石(北京)のそれぞれ政治的な文章を、時代を近い方から逆順にとりあげて論述している。この中で世界史(中国史)の知識として小生がまだその名だけでも憶えている人物は、15名中11名である。
 またこの「政治論集」であるが、最初は朝日新聞社から刊行された経緯があり、同社版の「あとがき」(1971年・昭和46年)においては、当時の学生運動で生じた混乱を憂慮されてか、著者は次のような思い切った考え方を若い人に向けて述べている。
 「現在の社会には、あまりにも政治に毒せられた若者が多い。政治に汚染されるのは、少数の特定者に止めておいて貰いたい。政治に毒せられるよりは、まだしも政治に興味を持たぬ方がましである。自由主義社会の倫理では、専門の政治家でない一般人の政治に対する貢献は、要求することであって実施することではなく、選択することであって加入することではない。政治問題には節度を保って深入りしないことも立派な実践の一種である。だから他人に一言も政治を語らなくても、充実した人生を送る妨げにはならぬ。私は現今の若人に対し、政治から一歩離れて関心を持つことを望みたい。そのためには『政治論集』などは一冊も売れなくても構わない。」(同別巻690頁)

(2015.12月 記)

宮崎市定によれば、古来より中国の政治改革の問題はすべからく官僚問題として論じられた。そして、官僚問題はまた官僚素質の問題であり、官僚素質の問題はすなわち教育問題である、というに尽きていると言うのである。
 時代的には一番古いのだが、最後の項で注解されているのは北宋の王安石であり、第四代天子仁宗に提出した「上皇帝万言書」(皇帝にたてまつる万言書)である。
 拾い読みする中から、現在にも関係するようなところの一、二の指摘を以下に記す。
 「方今州県に学ありといえども、牆壁しょうへきそなわるを取るのみ。教導の官の人才を長育する事あるに非ざるなり。唯だ大学には教導の官あるも、亦た未だかつて其の選を厳にせず。」(634頁)
 学校が設けられていても名ばかりで、垣根と壁があるだけだ、教官が任命されても教育は何もしない。ただ大学に教官らしいものはいるが、その人選は至ってなおざりである、の意。
 「官を設くるには大抵皆なまさに其の任に久しくすべし。部する所の者遠く、任ずる所の者重きに至っては、尤もよろしく其の官に久しくすべくして、しかる後に以て其の為すあることを責むべきなり。」(664頁)
 官吏は元来久任さすべきで、職務が広く重大な場合は特に任期を長くして初めて効果をあげることを要求できる、の意。

(2016.1.9 記)